コモログ

好きなカメラで撮ったスナップ写真を交えながら、育児中心の日々の記録

愛してやまないPENTAX FA LimitedレンズとEOS Rで桜を切りとる@2019

花見日和が続く日本列島。

今年は開花後に寒の戻りがあったことや、いつも降る雨が降らなかったことで桜を長く楽しめています。

桜が咲くと撮影に出かけずにはいられません。 むしろ桜が咲いてて天気もいいとなると撮影しなければならないという脅迫観念すら湧いてきます。

幸い晴れた日に休みがとれたので、まだ抱っこ紐の長女と妻と一緒に散策がてらお花見してきました。

気楽な散歩には単焦点レンズ。ということで愛してやまぬFA LimitedレンズとEOS Rで桜を切り取ってきました。

Limitedレンズは最近PENTAX公式でもスペシャルサイトが作成されており、質感の高い外見と味わいのある描写がオススメのレンズです。

www.ricoh-imaging.co.jp

まずはsmc PENTAX-FA 43mm F1.9 Limited

(null) Canon EOS R, smc PENTAX-FA 43mm F1.9 Limited

パンケーキサイズながら開放値F1.9のハイスピードレンズ。

fa43mm Canon EOS R, smc PENTAX-FA 43mm F1.9 Limited

EOS Rと組み合わせるとコンパクトでとても取り回しやすく最近はつけっぱなしにすることが多いです。

富士 Canon EOS R, smc PENTAX-FA 43mm F1.9 Limited

一面続く桜と遠くに望む富士の山頂。

PENTAX機を使っていた時代は、デフォルトのカスタムイメージを「鮮やか」に設定していました。 記録色よりも記憶色に近いと言われている、ややビビット気味な色付けを好んで使っていました。

(null) Canon EOS R, smc PENTAX-FA 43mm F1.9 Limited

キヤノン機でもピクチャースタイルを「風景」に設定することで同様に、鮮やかな色付けを楽しめます。

FA43mm Canon EOS R, smc PENTAX-FA 43mm F1.9 Limited

桜を撮影すると気がつくとワンパターンに青空をバックにした写真ばかりになってしまう。
こんなに快晴なのだから仕方ない。むしろ撮らなくては快晴に申し訳ない。

レンズを77mmの中望遠に交換。

自転車 Canon EOS R, smc PENTAX-FA 77mm F1.8 Limited

人の視野と近い画角と言われている43mmと異なり、注目したいポイントを切り出せます。

(null) Canon EOS R, smc PENTAX-FA 77mm F1.8 Limited

FA Limitedの味わいを残しながらもしっかりと芯のある描写が大好きです。 PENTAX唯一のフルサイズデジタル一眼レフカメラK-1は手放してしまいましたが、FA Limited群を手放すことは考えられないです。

fa77 Canon EOS R, smc PENTAX-FA 77mm F1.8 Limited

開放でのふんわりとした描写が桜の優しいピンクによく合う。

(null) Canon EOS R, smc PENTAX-FA 77mm F1.8 Limited

普段は動き回る長男とのお出かけの際には追いかけるのに必死で撮影は二の次になっています。

(null) Canon EOS R, smc PENTAX-FA 77mm F1.8 Limited

今回は落ち着いて撮影できたため、ゆったりとMFでスナップを堪能してきました。

f:id:komori00:20190404140412j:plain:w640 Canon EOS R, smc PENTAX-FA 77mm F1.8 Limited

桜を背景にしたポートレートは、ピンクの点光源が気持ちいいですね。

広角31mmに交換

f:id:komori00:20190407155408j:plain:w640 Canon EOS R, smc PENTAX-FA 31mm F1.8 AL Limited

広角に交換。 頻繁なレンズ交換もシャッター幕が閉じてセンサーを保護してくれるため、ゴミやホコリを気にすることなく屋外で行なえます。

(null) Canon EOS R, smc PENTAX-FA 31mm F1.8 AL Limited

少し早い散り際の山桜

f:id:komori00:20190404140324j:plain:w640 Canon EOS R, smc PENTAX-FA 31mm F1.8 AL Limited

ひととおり桜の撮影を満喫した後はカフェで一息

f:id:komori00:20190404140316j:plain:w640 Canon EOS R, smc PENTAX-FA 31mm F1.8 AL Limited

31mmはテーブルフォトも楽しめる画角。

f:id:komori00:20190407155513j:plain:w640 Canon EOS R, smc PENTAX-FA 31mm F1.8 AL Limited

愛さずにはいられないFA Limitedレンズたち。

20年程前に登場したレンズではありますがPENTAXとしては未だバリバリ発売中の現行レンズ。オールドレンズと言うには新しく、フルサイズミラーレスカメラでも十二分に活躍してくれます。

まだカメラがデジタルに移行する前、フィルム時代に発売されたレンズのため絞りリングがあるためマウントアダプター遊びにも適しています。

そんなFA Limitedレンズはアルミ削り出し鏡筒の造形の美を鑑賞しても良し、もちろん使って味わいのある描画を楽しんで良しのレンズ。

f:id:komori00:20190404140418j:plain:w640

いずれもフルサイズミラーレスカメラ EOS Rとマッチするサイズ感。 軽量でかさばらないため気軽なスナップ撮影との相性良しです。

EOS Rの広く見やすいファインダーも相まり、マニュアルフォーカスでのピント合わせでも楽しく撮影できました。